top of page

12月8日(火)群馬県のデータ・解析・解説

【データ】

●12月8日9:30現在●

現在の患者数

  入院中:128名(重症7名)

  宿泊療養中:79名

  入院調整中:42名

累積退院・退所等:1,129名

累積死亡:23名

※上記のほか県外届出者1名が重症

※退院・退所等には、県外医療機関に入院された方が含まれます。


人口10万人当たりの新規陽性者の移動平均値

吾妻  4.4人/日

太田  2.6人/日

伊勢崎 2.4人/日

館林  2.2人/日

桐生  2.1人/日

その他の地域は1.0/日未満です。


参考にしたサイト

少なくとも1日に2回追加更新されます。


このPDFファイルは毎日、上書き更新されます。


【解析】

現在の総患者数 249名(昨日260名)

増減 *()内は昨日の増減値


患者数 -11名(+1名)

入院中 -8名( -9名)

重症者 +2名(0名)

宿泊療養中 -7名(+10名)

入院調整中 +4名(0名)

死亡 +1名(0名)

退院・退所等: 23名


入院中患者数と宿泊療養中患者数が減少したので、

現在の総患者数は11名の減となりました。


月曜日は日曜日に引き続き退院・退所者が多く、23名もいました

しかし、死亡者が1名、重症者が2名増です。


【解説】

12月7日(月)は新規陽性者が13名で先週に比べて少なく、

退院・退所者が23名もいました。

したがって、現在の患者数は11名減(入院中は8名減)となりました。


医療機関などの負担が減って良い方向に向かっているのかな?と思われますが、

重症患者が2名も増えて7名になっています。

医療機関の負担はむしろ増加しているかもしれません。


心配していた通りです。なぜかと言うと60代以上の高齢者が11月中旬から急増したからです。活発に活動していた元気な高齢者だからと期待はあったのですが・・・。無事に退院できて、後遺症も軽いことを祈っています。


佐竹幸子(元群馬大学准教授/元NPO法人EBIC研究会理事長)



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page