連続3日 集団感染発生(小学校)! (1/5)

●患者数(1月4日)

総患者数: 347名

  入院中: 185名(重症10名)

  宿泊療養中: 123名

  入院調整中: 39名

退院・退所等: 40名(死亡1名)

【解説】

死亡1名。前日(1/3)と較べて、重症者数変化なし、入院中2名減、総患者数4名減。直近1週間の移動平均値では数総患者数5名増。しかも、僅かながらでも減少し続けていた入院患者が変化なしに転じました。本日(1/4)、高崎市の小学校で集団感染(職員1人、児童9人)が発生しました。児童は「現在、無症状であることから、群馬県と協議し、在宅療養で調整される見込み。」だそうです。これは日本小児科学会のガイドラインに沿った判断だと思います。次のように書かれています。

小児と保護者の感染状況別にその対応についての考え方を表にまとめた。ただし、地域の感染状況や施設の人員確保、家族の状況ごとに、柔軟に対応していただきたい。


日本小児科学会ホームページより引用

http://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=114


●保健所別新規陽性患者発生状況(1月4日)

高崎 12名

伊勢崎 8名

その他 6名

前橋 4名

太田 3名

館林 3名

渋川 1名

計 37名

東毛地域 38%(14名)