top of page

① 群馬県のコロナ感染症患者数(12/18)

●患者数(12月19日朝発表)

総患者数: 404名

  入院中: 191名(重症6名)

  宿泊療養中: 130名

  入院調整中: 83名

退院・退所等: 53名(死亡1名)


●新規陽性患者(12月18日夜発表)

伊勢崎 16名

桐生 9名

太田 7名

館林 6名

前橋 4名

高崎 2名

安中 2名

渋川 1名

富岡 0名

利根沼田 0名

藤岡 0名

吾妻 0名

その他 1名

48名

東毛地域 79%(38名)

年齢60代以上 33%(16名)

感染経路不明 35%(17名)


●解説

重症者が1名増えました。入院中患者数は減らずに191名を維持しています。退院・退所等が53名もありました。宿泊療養中が12名増えて、ようやく入院調整中が18名減りました。患者数も6名減少しましたが、まだ400名を超えたままです(404名)。ようやく患者の入退院と入所退所調整が手続きも含めて再度機能し始めた様です。しかし、入院中患者が減らずに、重症患者が増えるのは医療体制を逼迫させ続けています。


感染者が増えたのちに重症者が増加していく。そして、高齢者の重症化が死亡につながっていく。最悪のシナリオの要因が揃っている地域で暮らしています。ここで新規感染者増加を食い止めなければ、大切な人の命を守れない。今こそ命を守るという観点から危機感を共有しましょう! 警戒度4の意味を理解しましょう!


佐竹幸子(元群馬大学准教授/元NPO法人EBIC研究会理事長)


閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page