top of page

群馬県のコロナ感染患者数(12/19)と解説

●患者数(12月20日朝 発表)

総患者数: 396名

  入院中: 192名(重症6名)

  宿泊療養中: 135名

  入院調整中: 69名

退院・退所等: 37名(死亡1名)


●新規陽性患者(12月19日夜 発表)

館林 10名

太田 6名

前橋 5名

伊勢崎 4名

桐生 1名

高崎 2名

富岡 1名

利根沼田 1名

30名

東毛地域 70% (21名)

年齢60代以上 43%(13名)

感染経路不明 40%(12名)


【解説】

重症患者数に変化はなく6名、入院中患者数は1名増で192名。入院調整中が14名減り、宿泊療養中が5名増えました。退院・退所等が順調に37名あったので、患者数は8名減少して、400名以下になりました(396名)。病床調整は順調に進んでいる様です。しかし、入院中患者数や重傷者数に大きな変化はありませんし、変化を期待できません。それは、新規患者数が高止まりあるいは上昇傾向にあり、高齢者の割合にも変化がないからです。


●保健所別コロナ患者発生状況12月19日夜 発表)

新規陽性患者数の直近1週間の平均値を保健所毎に人口10万人に当たりに換算した値が、毎日、群馬県から発表されています。12月19日の値を高い順に並べ替えてみました。

桐生  3.8人/日

館林  3.5人/日

伊勢崎 3.3人/日

太田  2.4人/日

渋川  1.4人/日

前橋  1.2人/日

藤岡  1.1人/日

その他の保健所管轄地域では1人未満/日

合計  1.8人/日

直近1週間の変化をあらわした表です。


【解説】

クラスターが発生した3つの病院ではホームページで適宜発表しています。しかし、12月19日に発表がなかったので落ち着いてきているのかな?と思っています。館林や太田でクラスター発生の発表がありませんが新規陽性者が高止まりしているのは、感染経路不明者が多く、その家族内感染が多いのが一番の原因かもしれません。前橋や渋川で、じわじわと増えているのも気になります。


佐竹幸子(元群馬大学准教授/元NPO法人EBIC研究会理事長)

閲覧数:9回0件のコメント
bottom of page