新規陽性者数が伊勢崎と館林で回復傾向!(2/21日)



【解説】

保健所別にみた人口10万人当たりの直近1週間の新規陽性者の移動平均値を2/19(金)と比べて見ると、伊勢崎、太田、館林に回復傾向が見られます。群馬県全体の値もようやく減少に転じました。来週の火曜日以降もこの傾向が続くことを願っています。一方、渋川と藤岡で増加しました。