新規陽性患者数(12/13 21:24)と患者数(12/14 9:30)

●新規陽性患者(12月13日 21:24発表)

太田 9名

伊勢崎 8名

館林 7名

高崎 6名

渋川 3名

桐生 3名

吾妻 1名

利根沼田 1名

前橋 1名

その他 1名(県外で陽性確認)

41名

東部地域 68%(27名)

年齢60代以上 25%(10名)

感染経路不明 43%(17名)


患者数(12月13日9:30発表)

総患者数: 310名

  入院中: 156名(重症5名)

  宿泊療養中: 82名

  入院調整中: 72名

退院・退所等: 43名(死亡0名)


解説

シュミレーションどおりとは言え、連日、40件以上の新規陽性者が発生しています。保健所の皆様のお疲れの蓄積は如何程かとお察しします。41名の新規陽性者に対して、退院・退所は順調で43名。したがって患者数は3名の減です。入院中が4名増加しましたが、重症者が3名減少しました。病院の職員も相当頑張っています。


気になっていた入院調整中が増加し続け、8名増加して72名になっています。この原因は何なのでしょうか?入院調整中の方は若くて軽症だと思いますが、何事もないことを願っています。


佐竹幸子(元群馬大学准教授/元NPO法人EBIC研究会理事長)


閲覧数:9回0件のコメント