医療提供体制と感染の状況が足踏み状態に(3/4木)



【解説】

医療提供体制の①病床使用率と感染の状況の④新規感染者数は足踏み状態になりました。感染の状況の⑤新規陽性者数の比が徐々に増加していますが、⑥感染経路不明者の割合が徐々に減少している良い傾向もあります。


【解説】

保健所別にみた人口10万人当たりの直近1週間の新規陽性者の移動平均値を3/2(火)と比べると、館林が黄色から橙色に、桐生が緑色から黄色になり、伊勢崎と太田で数値が増加し、東毛地域で悪化傾向。一方、前橋と藤岡で数値が減少し、回復傾向です。