人口10万人当たりの新規陽性者の移動平均値(12月13日)と解説「家庭内でも新しい生活様式」で!

伊勢崎 4.5人/日

吾妻  2.2人/日

桐生  3.4人/日

太田  2.4人/日

館林  2.7人/日

前橋  1.2人/日

藤岡  1.1人/日

富岡  1.1人/日

渋川  1.0人/日

その他の保健所管轄地域では1人未満/日

合計  1.9人/日


解説人口10万人当たりの新規陽性者の移動平均値は曜日による変動がなく、直近1週間の変化を日々追えるので、自分が暮らしている地域のリスク把握に役立ちます。しかし、人口が約5万人の吾妻保健所管轄地域では、小規模な集団感染であっても発生すると、一気にこの値は大きくなります。吾妻では、この値が12月8日に4.7人/日となりました。その後、徐々に低下して、5日が経過した12月13日は2.2人/日になっています。この様に人口が少ない地域では一気に上昇して、ゆっくりではありますが確実に日々減少して行きます。

東部地域の発生件数が多いですが、人口も多いのです。高崎(37万人)と前橋(33万人)に次いで、伊勢崎(25万人)、太田(22万人)、館林(18万人)、桐生(16万人)に人口が集中しています。したがって、発生件数だけで平等な比較はできません。人口10万人当たりの移動平均値は人口も考慮しているので、状況の把握に役立ちます。

今、気になっていることは、東部地域では感染経路不明の陽性者が減っていないため