top of page

あなたのエコバッグは清潔?(2023/6/22木)


汚れが目に見えなくても、肉や魚の汁などがエコバッグに付着したら、食中毒菌が増殖して新たに購入した食品に付着してしまいます。


【エコバッグを衛生的に使うために日頃から気を付けたい5つのポイント】

1. エコバッグは定期的に洗って、しっかり乾かしてから使いましょう。

2. 肉、魚、野菜はポリ袋に入れましょう。使用したポリ袋は再利用せず、適切に捨てましょう。

3. 肉、魚、冷蔵・冷凍食品などの冷たい物はまとめて入れて、温かいものと密着しないように入れましょう。

4. 食品と日用品を入れるエコバッグを区別しましょう。

5. 食品を入れたエコバッグの持ち運ぶ際は短時間で家に戻り、直ちに冷蔵庫に入れましょう。車のトランクに置くのは避けましょう。


詳細は下記の農林水産省のホームページを参考にしましょう。


佐竹幸子(元群馬大学准教授/元NPO法人EBIC研究会理事長)

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page